COMPANY

1938年 金属マグネシウム、か性ソーダおよび塩酸の製造を目的として資本金400万円で設立
1939年 渋川工場にて金属マグネシウム、か性ソーダの操業を開始
1945年 終戦により金属マグネシウムの製造を全廃、か性ソーダを主とした無機工業薬品を製造開始
1950年 トリクロールエチレン製造開始
1951年 株式を店頭登録
1952年 パークロールエチレン製造開始
1956年 シクロヘキサノン、シクロヘキサノール製造開始
1960年 大阪営業所(現・大阪支店)開設
1961年 東京証券取引所市場第二部に上場
1962年 名古屋営業所開設
1963年 東京証券取引所市場第一部に指定
1965年 水島工場操業開始
1967年 塩化ビニリデン製造開始
1970年 フッ酸電解技術確立(日本初)
次亜塩素酸ソーダ製造開始
1971年 六フッ化硫黄製造開始
塩化アルミニウム製造開始
1977年 複写機用キャリヤー製造開始
1979年 磁性合金粉「MAP」製造開始
五フッ化ヨウ素製造開始
1981年 四フッ化炭素製造開始
1983年 トリフルオロメタン製造開始
1984年 八フッ化プロパン製造開始
1986年 六フッ化タングステン製造開始
渋川・水島両工場の水銀法電解設備を全廃、イオン交換膜電解設備への転換を完了
1987年 三フッ化窒素製造開始
1988年 フェライト・キャリヤー製造開始
顔料用マグネタイト製造開始
1989年 四フッ化ケイ素製造開始
水切り乾燥用塩素系溶剤「カンデンドライ」販売開始
六フッ化エタン製造開始
1995年 渋川工場フッ素系製品5品目の「ISO9002」取得
1997年 三フッ化塩素製造開始
水島工場にフッ酸電解設備新設
水島工場で六フッ化リン酸リチウム製造開始
1998年 水島工場で「ISO9002」の認証取得
1999年 渋川・水島両工場で「ISO14001」の認証取得
2000年 渋川・水島両工場で「ISO9001」の認証取得
関東電化KOREA(株)設立
2002年 台湾駐在員事務所開設
2004年 台灣關東電化股份有限公司設立
2005年 磁性合金粉「MAP」製造中止
渋川工場ソーダ電解事業は撤収し、ソーダ電解事業は水島工場1工場体制へ
ヘキサフルオロ-1,3-ブタジエンを上市
2010年 モノフルオロメタン、硫化カルボニルを上市
2011年 科地克(上海)貿易有限公司設立
2017年 ホウフッ化リチウムを上市
関東電化ファインプロダクツ韓国(株)設立
2018年 台灣關東電化股份有限公司シンガポール支店開設
2020年 宣城科地克科技有限公司設立
2022年 東京証券取引所プライム市場に移行