RESERCH & DEVELOPMENT

関東電化工業では、設立当初より独自技術をベースとする製品群を市場に送り出してきました。
現在、渋川(群馬県)と水島(岡山県)の両工場及びその近隣に総合開発センターを配置し、
本社機能の開発企画部、市場開発部、研究・知的財産部、精密化学品開発部、及び半導体材料開発部とともに
“創造的開発型企業” を目指し、研究開発活動を進めています。

  • 総合開発センター

    総合開発センター

    当社の将来を担う新規事業の創出を目指し、次世代材料の開発に取り組んでいます。
    電解技術、フッ素化・塩素化技術、微細化技術、高純度化技術などの当社コア技術を深耕し、環境・エネルギー、電子・情報通信、ライフサイエンス・ヘルスケアなどの分野をターゲットに新製品の開発を推進しています。

  • 渋川開発室

    渋川開発室

    高性能化・多機能化が進む複写機・プリンターに対応するキャリヤー、次世代のフッ素系機能性材料などの開発に取り組んでいます。

    渋川開発研究所
  • 水島開発室

    水島開発室

    主力事業である電池材料製品の開発を中心に取り組んでいます。高容量化・長寿命化・安全性向上を目的に、リチウムイオン二次電池材料製品の開発を進めています。
    その他にも、フッ素や塩素を利用した高付加価値製品の開発に取り組んでいます。

  • 半導体材料開発部

    主力事業である特殊ガスの開発を中心に取り組んでいます。材料やプロセスの多様化・高度化、及び環境規制などに対応するため、代替ガスから次世代ガスまで全方位的に開発を進めています。

お問い合わせはこちらから