関東電化工業株式会社KANTO DENKA KOGYO
TOP
お問い合わせ English
製品情報 開発品情報 研究開発・工場紹介 会社案内 環境への取り組み IR情報 リクルート
研究開発・工場紹介
● 研究所紹介
渋川工場
水島工場

研究所紹介
新製品開発本部のもと、独創的製品をタイムリーに送り出しています。
関東電化では、設立当初より"創造的技術"を企業指針として研究開発に取り組み、自社技術より開発した製品群を市場に送り出してきました。現在、渋川(群馬県)と水島(岡山県)の両工場およびその近隣に研究所を配置し、生産の現場と密着した研究活動を行う一方、本社機能の研究企画部、開発営業部、及び研究・知的財産部が"創造的開発型企業"を目指し、研究所とともに研究開発活動を進めています。
基礎研究所
基礎研究所 X線回析装置
基礎研究所では新規製品に関する基礎研究を行い、当社の強みである、フッ素・塩素等のハロゲン化合物、微細化技術を利用し、半導体・液晶関連分野、電池材料分野、太陽エネルギー分野、医農薬関連分野等において、新規製品に関する基礎研究を行ない、当社の将来を担う新製品の開発を目指しています。
渋川開発研究所
渋川開発研究所 NMR分析装置
フッ素系精密化学品、有機化合物等、付加価値の高い新製品開発を担当しています。特に、今後、市場での要求が高まることが予想される、半導体用エッチングガスの新規製品の研究開発に注力しています。
また、デジタル化・カラー化が進み、ニーズがますます多様化している複写機・プリンター分野で、より長寿命で地球環境に配慮したキャリヤー材料の開発を進めています。
水島開発研究所
水島開発研究所 有機中間体製造装置
電池材料および有機化合物の研究開発ならびにこれらの受託生産を担当しています。有機化合物では、医農薬原料、液晶材料、各種機能材料として使用されるフッ素含有有機化合物の開発を中心に、高付加価値化合物の合成研究を行っています。さらなる信頼を得るため、GMP資格の取得を計画中です。